Vocagraphy!の基本的な使い方をご紹介します。 

難聴児の療育を想定した例ですが
使い方はどなたでも同じですので
ぜひお試し下さい。


1. 教材を作る前に

1-1. まずは子どもに覚えてもらいたいモノの写真を撮ります。

注意)スマホにインストールされている「カメラ」アプリを使用します。

例として、子どもの「はきもの」をいくつか撮影します。ここでは「スニーカー」「ながぐつ」「うわばき」の撮影をします。

 

1-2. 撮影した写真を編集します。

注意)スマホにインストールされている「写真」アプリを使用します。

必要な箇所だけ、適当な大きさになるようにトリミングをします。必要に応じて明るさやコントラストを調整すると見やすくなります。

 

では、「Vocagraphy!」を立ち上げましょう!

まずは「編集モード」で作業を進めます。
左下のカードアイコンが青くなっていることを確認して下さい。


2. Vocagraphy!でフォルダとカードを作成

2-1. まずはフォルダを作成し、「はきもの」と名前をつけます。

言葉を分類することで、。小さなお子さんの場合は「くつ」でも良いでしょう。単語だけ覚えるのではなく、何の仲間なのかも同時に理解できるようにしましょう。いずれ、さまざまな情報が頭の中で結びつき、コミュニケーションに役立ちます。

 
 
※フォルダの作成方法が分からない方は、使い方をご確認下さい。

2-2. 次にカードを作成し、「スニーカー」と名前をつけます。

まず、「はきもの」フォルダをタップして中に入ります。次に、新規カードを作成して「スニーカー」と名前を入力し、「完了」ボタンをタップします。

 
※カードの作成方法が分からない方は、使い方をご確認下さい。
 

カタカナがまだ読めないお子さんの場合は「すにーかー」と入力し、スペースを空けて「スニーカー」と入力すれば、カタカナにも慣れていくことが出来ます。

 

2-3. カードに画像を取り込みます。

カメラのアイコンをタップすると、画像を読み込むことが出来ます。先ほど撮影・編集した画像を選んでカードに取り込みましょう。

 
※画像の取り込み方が分からない方は、使い方をご確認下さい。
 
画像は複数枚取り込むことが出来ます。例えばスニーカーの場合も、いろいろなデザインがありますので、家族みんなのスニーカーを写真にとって取り込んでみましょう。

2-4. 最後にメモ欄に補足情報を入力します。

メモに補足情報を書くことで、一つの言葉から他の言葉や概念を理解することへとつながります。例えばスニーカーなら、「うんどうぐつ」や「したばき」とメモをしておきます。

 
 
人や場面によって同じスニーカーをいろいろな名前で呼ぶでしょうから、一つのモノに複数の呼び方があることを学ぶ必要があります。いろいろな言い回しを知っていれば、普段のコミュニケーションの理解力にも繋がります。

「ながぐつ」と「うわばき」も同様にカードを作成しましょう。 


 3. 名前を覚える

勉強の進め方は、難聴の種類やお子さんの状況によって様々です。家庭学習の時や電車やバスなどで移動している時など、画像やメモを見ながら楽しく覚えてもらいましょう。

3-1. カードを一つ選んでタップすると、全画面表示になります。

3-2. 画像を見ながら言葉を覚えましょう。

言葉を声に出して言ったり、紙に書いたり、指文字で表現したり、状況に応じて勉強方法を変えましょう。重要なのは、言葉に触れる時間を増やすことです。1分の隙間時間でも良いので、カードを見て画像と言葉を確認しましょう。
 

3-3. メモを見ながら話をふくらませましょう。

言葉を頭にたたき込んでも、すぐに忘れてしまいます。自分の体験と結び付けたり、すでに知っている言葉と関連付けることで、記憶に定着します。例えば、「ながぐつ」であれば「雨の時に履くね〜」とか、「赤くて、長くて、かわいいね」などと話しかけましょう。全てを理解しなくても、少しずつ語彙が増えていけば、いつか言葉と言葉がつながっていきます。自分がながぐつを履いている写真を取り込むと、勉強が楽しくなりますしモチベーションも上がります。
 

3-4. カードの切り替えと評価ボタン

「>」をタップすると次のカードへ、「<」をタップすると前のカードへ移動します。中央に表示されている「?」は、まだ評価をしていないことを表しています。この後クイズを行いますが、お子さんが答えた後に3段階で評価をして表示を変更します。

 

覚えたらクイズをしましょう 


4. クイズをする。

4-1. クイズモードに切り替える。

右下の「Q」ボタンをタップして、クイズモードに切り替えます。上部が青く変わり、リスト表示では名前が「?」に変わります。
 

4-2. 1枚ずつクイズをする。

まずは、最初に作成した「スニーカー」のカードをタップして拡大表示します。解答方法は状況に合わせて下さい。家にいる時なら紙に書いたり、発音もチェックしたい場合は口頭でも答えたりしてもらいます。電車やバスの中など静かにしないといけない場所では、指文字で回答するのが良いでしょう。
 
年齢にもよりますが、子どもがアプリに慣れてくると自分でクイズを進めることも出来ます。親が忙しい時でも、楽しく勉強が出来るようになると良いですね。
 

4-3. 答え合わせをする。

「?」をタップすると解答が表示されます。
 
デフォルトでは「1本指でタップ」すると解答が表示されます。子どもが簡単に答えを見ないようにしたい場合は、「2本指でタップ」か「3本指でタップ」に変更出来ます。右上のメニューボタンから設定に進み、「クイズの解答表示方法」をタップして設定を変更して下さい。

 

4-4. 評価をする

解答したら評価をします。下の「?」をタップすると顔文字が表示されます。正解だったら一番右の「スマイル」、少し間違えていたら右から2番目の「しかめっ面」、答えられなかったら左の「泣き顔」を選択します。

 

デフォルトの評価アイコンは 顔文字ですが、「○」「△」「×」に変更することも可能です。右上のメニューボタンから設定に進み、「評価アイコン」をタップして設定を変更して下さい。

 


基本的な使い方の説明は以上となります。アプリを使いながら、ご家庭やお子さんに合った使い方を見つけてみましょう。